•        

    ペデスタル大陸全土を支配する国家、エルソード王国。

    その歴史は長く、かの古代王国「エスセティア」崩壊後に興ったメルジア王国の第15代国王。
    エディウスの時代に、王弟セディアスがペデスタル大陸エルソード領の統治を任されたところから始まる。

    現在は温厚なナイアス王が最高権力者。
    バランスの取れた政治を行っており、国力は豊か。

    国の成立の起源によるものか、知識を尊ぶ傾向が強く、錬金術の研究も進んでおり、学識者も多い。

    ■国王

    現在の君主は、賢人王と呼び声も高いナイアス・エルソード。

    賢明なる知識の探求者。
    錬金術研究家たちを助成し、8割の完成にこぎつけたキマイラの生成で有名。

    厭世家で書物を愛する人間だが、治世を怠ることはない。
    かつては血気盛んな為政者であったが、
    現在はある程度国が落ちついてきたので、
    為政の大半は部下に任し、自分は趣味の探求を中心に活動している。

    賢君として部下はもちろん国民にも支持を集めており、それゆえにこの幸福な国家を
    世界全土に広めるべく、部下が領土拡大に勤しんでいる。

    ナイアス王は、領土が増えればそれにより得られる知識も多くなるということで、
    領土拡大については静観している。

    なお、メルジア王国の公爵の血筋のため、本人は「エルソード公爵」と呼ばれるのを好む。

ページトップ