•        

    ビクトリオン大陸全土を支配する国家、ネツァワル王国。
    古来は魔女の住む土地と呼ばれ、人間以外の種族が多くすんでいたといわれている。
    獣面の王の親政により、国内は比較的平和。国民は長く続いていた圧政から解放されつつある。
    ただし力でのし上ったヒュンケル王への反発も強く、野に下った元門閥貴族たちが反乱の機会を常にうかがっている。

    ■国王

    現在の君主は、“ネツァワル”ヒュンケル王。

    かつては暴君として人々に恐れられていた王で、
    政争に負け、家族とともに国を放逐される。
    拠り所を無くしたヒュンケルはそれまで以上に横暴となり、
    ついには娘共々魔女に呪われ獣人にされてしまう。

    さらに心を荒ませるヒュンケルであったが、
    それを癒したのは同じく獣人にされた彼の娘であった。
    娘は「見た目が変わっても、心優しく物事に誠実であれば何も恐れることはない」と
    幼いながらに語ったという。
    以前と変わらぬ優しさを示す娘に触れるうちに、
    かつての自分は間違っていたと改心するヒュンケル。
    ヒュンケルは罪滅ぼしも兼ね、圧制から弱者を守るために自分の力をふるうようになる。

    見返りを求めることなくただひたすらに弱者を守る姿に、
    ヒュンケルは民衆の支持を集めていく。
    民衆はヒュンケルのその姿を伝説の「獣人王ロム」に重ねて、
    伝説の勇者の再来と噂した。
    一大勢力となったヒュンケルたちは、国王を倒すことに成功する。


    そしてヒュンケルは、自らの過去を隠し、再び王座につくこととなった

ページトップ